離婚、浮気調査の水戸興信所>夫の浮気度チェック

夫の浮気度をチェックする

探偵に、妻や夫が異口同音に指摘する疑惑の「発端」はこれです。 次にあげた項目の中に、「あ!」と思うものが二つ以上あれば…そうです疑惑を「確信」にかえてもいいです。

  • 1. 不審な携帯番号(知らない人が登録されている)
    ひとこと解説  夫の不倫発覚原因のNo.1はこの不審な電話番号調査。「不審な番号の所有者を調べて」という調査依頼がダントツ1位。長い時間をかけ苦悶、苦悩の依頼なので90%の確率。

  • 2. 不審なメール
      メールを消去しない人が多い。妻と寝室を別にしたがるのも夜中にメール交換するため。男名を入れて偽装することもある。

  • 3. 夜中にヒソヒソと携帯で会話
    「主人が夜中に布団の中でヒソヒソ話す相手は誰か」。相手は女に決まっています。

  • 4. 携帯電話にロック
    妻に疑惑を指摘されると「夫婦の間でもプライベートに立ち入らないのがルール」と言い訳するが盗み見防止のため。

  • 5. 肌身離さない携帯電話
     この現象は前記2、3、4と連動している行為です。「四六時中携帯を離さなくなった」という相談は、前記1、と同じに多いです。

  • 6. 家庭電話・携帯電話に間違い電話が入る
    「デート予定通りOK」「今日、夫がいるので出かけられません」などの会話代わりに事前に決めておく古典的な方法です。1回切り、2回切り、「鈴木さんのお宅ですか」とか、こちらが電話に出たとたん「あ、まちがいました」など相手と決めたサインはいろいろ。男性にかけてもらう手口もあるので注意を要します。

  • 7. 電話使用料がふえた
    「携帯命」の生活になると当然に料金は増えてしまいます。この使用料のチェックも簡単にできることです。出会い系にハマっている可能性もあります。

  • 8. 手帳を隠したがる・暗号や記号が書いてある
    デートの予定日、女の誕生日、自宅・携帯電話番号、飲食店の名前、ラブホテル名などが暗号で記されている。「手帳に不審な携帯番号が書いてある」。調査依頼も前期1と同等に多く確率も同様。

  • 9. 背広やワイシャッに香水、ファンデーションの匂い
    妻に指摘されると「接待で使った飲み屋の女だ」と言い訳します。浮気相手が奥さんを嫉妬させるため、故意につけるときもあります。

  • 10. 隔たりを感じる
    「なにか空気が今までと違う」女性の直感は鋭い。夫との「距離感」、空気「違和感」を指摘する婦人は多く確率も高いです。

  • 11. なんとなくソワソワして落ち着きがない
    愛人の行動が気になる、妻子が早く買物に出かけないか、自分が出かけるよい口実はないか、など四六時中考えている。

  • 12. 喜怒哀楽が強くなった
    浮気相手と気分好く遊べた日は相対的に優しくなり、そうでない時は不機嫌。妻の干渉度合いによっても気分の良悪があり、主人は情緒不安定です。

  • 13. 帰宅時間が遅くなった・特定な曜日に遅くなる。助手席に髪の毛が落ちている
    「残業・パチンコ・飲み会」が3大言い訳。実は浮気相手の都合に合わせている。浮気相手は家族に「講習会」などと偽って外出するか、主人の不在日にデートするので曜日が一定している。「助手席に髪の毛」の場合も確立は高い。

  • 14. 特定の曜日に走行距離が多い
    平均的な通勤距離を測っておけば、「距離が多い日=遊んで帰宅した日」が分かります。夫の入浴中、就寝後などの隙に毎日車の走行距離をメモし「浮気日」特定した婦人がいます。

  • 15. 外出、出張が増える
    夫の浮気相手が職場のOL、バッイチなど比較的自由がきく女性の場合が多い。週末は「ゴルフ」「釣り」「パチンコ」など言い訳をして出かける。妻の前で友達と事前にその約束の電話をしたり、電話をかけさせたり布石することもあります。

  • 16. 外泊が多く、ファミレス、サウナ、車の中で寝ていたと言い訳
    「夫が帰宅しない日が多い。どこに行っているのでしょうか」。この相談もかなり多く、「車上婚」やアパートに「通い婚」をしています。相手は職場のOL、バッイチ女性で、妻子の苦悩などまったく意に介していません。

  • 17. 財布にラブホテルの割引券
     ラブホテルはサービス合戦で「割引券」や「会員カード」を出しています。これが夫の財布や車から出てきたら100%浮気相手がいます。

  • 18. 「大人のおもちゃ」を持ち歩く
     車やバックから発見され、○○大会の「景品」と言い訳しますが使用する相手がいることは100%です。

  • 19. 疲れた、を連発

  • 20. セックスがおざなり、疎遠になる

  • 21. セックスを拒否するようになった

  • 22. 終わったあと背中を向けてすぐに寝る
    19から22の項目は説明の要もないと思います。

  • 23. 二人分の領収書
    デートの記念?経費で落とすつもり?レストランや遠方の駐車場のレシートを保存しています。コンビニの「お弁当2」「ケーキ2」「ストッキング」のレシートで追求した婦人もいる。コンビニの場所からデート地域も特定される。

  • 24. 今までの小遣いで足りない
    「家庭ではケチなのに女に格好つける」と妻たちは異口同音に言います。
    交通事故の捏造、会費の水増し請求など偽装し小遣いをくすね、それでも足りずサラ金に手を出す主人もいます。サラ金から督促が入りだしたらパチンコと女にかなり浪費していると確信してください。

  • 25. 妻に帰省・旅行など外泊を遠まわしに勧める
     「たまには帰ってお母さんを喜ばしたら」「息抜きに友達と旅行に行ったら」など、理解ある夫ぶり。この陰謀にのり、部屋にテープレコードをセットして、「留守中の秘め事」を録音した婦人がいます。

  • 26. 子供を可愛がらなくなった
    妻子と別れ、愛人との新生活を夢見ると途端に子どもにも冷淡になる父親もいます。子供は4歳になると父母の「冷戦」を感じ取り、「パパがいなくても大丈夫」とママを元気付ける健気な子供もいます。

  • 27. 家で風呂に入らない日が増える

  • 28. 帰宅時に、髪の毛の乱れ、濡れた形跡

  • 29. 裸を見せなくなる

  • 30. 妻の肉体をけなす

  • 31. 何事に対しても批判的になる

  • 32. 食事や食べ物に関してうるさい

  • 33. 若い子の服装・言葉・行動に敏感

  • 34. 服装の趣味が変わる・若作りに

  • その他、不審な挙動について指摘されると「証拠を出せ!」と騒ぐ、都合が悪くなると暴力を振るう、騒ぎ暴れて話し合いの場面をこわす



よくある質問へ

電話でのご相談


メールでのご相談



水戸興信所の運営方針


powered by ネット集客の宮川