水戸興信所 探偵よろず日記

watanabe

 



性につながる五感
人間が幼い時から養わなければいけないのは快、不快、怒り、恐れ、喜び悲しみなど、原初的でとても単純な感情(情動)です。空腹になれば泣き、満腹になれば笑う赤ちゃんの状態を想像してください。快さが満たされないと、赤ちゃんの心は育ちません。この情動は、読み、書き、そろばん、パソコン、ゲーム機などでは決して育ちません。
ことばだけにたよったコミュニケーションや触れ合いでは、そだっていきません。スキンシップ、手と手の握り合い、美しい風景、安らぎの音曲、目と目の見つめ合いなど、五感を働かせて初めて育っていくのです。そして、この五感こそは常に性についてまわるのです。

五感とは、視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚(皮膚感覚)のことをいいます。人間には、頭部に開いた目、耳、鼻、口の七つの穴。さらに男性は下半身に二つ、女性は三つの穴がある。これらの穴が五感を養う上で非常に大事な役割を果たします。皮膚とこれらの穴は、外の世界と直接交流する器官であり、生命体としての人間を見るとき、まずこのことを考えなければ理解できません。

快感が脳を発達させる
人間の五感のうちで皮膚感覚が一番早く出来上がります。皮膚は外からのメッセージ(情報)が一番入りやすい部位です。だからこそスキンシップが大切になるのです。この皮膚には、無数の受け皿があって、そこを刺激すると脳に刺激が伝達されます。
生後、たった一匹だけで育てられたサルを三カ月後に群れに返しても、そのサルは群れの仲間とあそそべない。これは、母サルとのスキンシップがないためです。
皮膚感覚をはじめとする五感によって快さが得られれば得られるほど、大脳の情動をつかさどる部分が発達します。ここが発達不足だと、前述のサルのようになってしまう。ただ愛されることを待つだけで、与え合う愛を知らない人間になってしまう。
こうした点で見ると、現代社会は、五感を使っての原初的な触れ合いが最も欠落している時代だといえないでしょうか。

アスファルトジャングルや車公害で自然は著しく破壊され、人と自然の接触が減っている。核家族で、兄弟が少ないうえ、父親は会社人間で家にいない。産業化による食住分離で父親の影はますます薄くなっている。子供は子ども部屋に閉じこもり、家族同士の触れ合いが少ない。母子ベッタリで病的母子共生といった偏りも生じている。そして、虚像でしかないテレビやゲームやパソコンの映像が実像のように思えてくる・・・。

人間の行動に不可解なことが多いわけ
本能の欲求が満たされれば快になり、満たされなければ不快になる。生物全般が快感を追及しているわけで、人間も同じことです。誰だって不快なものより、快さを求めます。
人間は性に関してはなりふりかまわず、自分の欲望を満たすために直進する。ここには不快を避け、快を求めようとする人間の本能が働いている。人間は誰でも、この快感原則が全うされると楽しくなります。こういった楽しいという高等な感覚は、人間だけのものであり、生きていくための食欲、子を産むだけの性欲なら他の動物と共通のものだが、人間はそれ以上に食べる楽しみで食べ、抱き合う楽しみで抱き合う。
 では、不快を感じたらどうなるかというと、不安なら恐れに変わり、そして怒りに発展していき、さらには攻撃に移行していきます。自分が満足するために障害となるものは、すべて取り除かなければならないのです。
 さて快感原則を主体とする性行動に必要なのは、自分の体の内部からの情報を感じることなのです。だから、好きな人との接触はどんな些細な事であっても、からだ全体をしびれさせるような快感に転嫁するし、反対に、こころの離れた相手や嫌いな相手の指がほんの少しでも自分の肌に触れただけでも鳥肌が立ち、吐き気を起こすこともあるのです。快感というものは漫然としています。どこがどれほど快いか、どれくらい深いなのかを表現することはむずかしいです。あまりにも曖昧でどこがどう快感しているのかわかりません。そして、わからないすらこそ男と女の間に交わされる愛撫という名のコミュニケーションに快感の秘密があるのかもしれません。




これは 大島 清 著 脳が快楽するとき からの転記です

依頼人 妻 藤井里香(48)保険セールス
対象者 夫 藤井春夫(51)保険代理店経営 仮名

写真はイメージ




調査目的
夫の浮気調査

相談概要
私が2階に上がると夫が携帯電話をあわてて隠した。「誰と話していたの」と聞くと、「飲み屋の女だ何でもない」という。夜中に隠れてメール交換している。ある時、「俺には女がいる。その名は死んでも言えない。秘密を墓場まで持っていく」などと告白したことがある。それ以来夫を受け入れなくなり5年間セックスレス。夫の様子を見ていると落ち着きがなくなった。浮気していると確信できる。夫に「女がいても構わない。どうぞご自由に」と、悔しい意地を張っているが、どこのどんな女なのかは知っておきたい。
「私はあなたの隠している女のことは何でも知っているのよ」と、気持ちのうえで優位に立ちたい。鼻を明かしてやりたい。

夫は、他人には徹底して愛想よくふるまうが、私には、誠実さがない。心ここにあらずという感じだ。人間味がない。嘘が多い。トゲがある言葉を平然と浴びせる。夫に対する憎しみが一杯で家庭内別居状態が続いている。うつで心療内科に通院しているがどうしても夫に対し心が開けない。

調査結果
依頼人は、探偵が撮影した春夫とデートしている女の写真を見たとたん「あ!英子さんだ・・」と叫んだあと押し黙ってしまった。夫の不倫相手は、同じ市内の保険会社に勤務する英子(47)だった。公務員の夫と21歳の息子がいる。春夫と英子は、隣町のスーパー駐車場で待ち合わせて春夫の車で30キロ離れたラブホテルに直行する。平日のデートなので、フリータイムを利用して昼まえから夕方までホテルですごす。帰路、食事をとって帰宅する。毎週一回、同じ行動だった。

状況
「夫と英子が独身時代に付き合っていたのは分かっていたが、ずっと続いていたとは夢にも思わなかった。私に対する最大の裏切りで、今までの結婚生活を全て否定された感じだ」と依頼人。 二人は、会合や研修旅行などいつも一緒に参加していた。研修旅行のとき、春夫は、「夫婦で参加するのは恥ずかしいからお前は留守番していて」と妻には参加させなかった。旅先で、参加者の目を盗んで密会していたのだろう、と長年騙され続けた妻は悔しがった。
程なく英子の勤務する会社に「英子の素顔を暴く」怪文書が投函されて、英子は会社を去った。

 

依頼者 内田幸一(32)会社員 独身
対象者 女ストーカー

調査目的 ストーカー対策・女の身元調べ

相談概要
携帯電話の出会い系で知り合った(自称)青木加奈子と性的関係を持って交際1カ月。彼女は、感情の起伏が激しく情緒不安定というか、精神的異常を感じた。普通の人間ではないと思い、理由も言わず逃げるように一方的な別れ方をした。間もなく、昼夜の別なく自宅と会社に無言電話が入るようになった。青木と交際中に、聞かれるまま、自宅、会社の電話を教えたことがあるので別れた青木の行為だと直感した。

特に、会社へいたずら電話が頻繁に入り、事務員に僕の名前を言って呼び出して出ると切れている。中傷電話がかかってくる。会社に事情を説明して対策を検討していただいて、僕の呼び出しについては、「業務中」を理由に呼出しに応じないことにしてくれた。無視すると会社の門付近を歩き回るようになった。避けるように裏門から出退勤を続けると、ある日電車の改札口に立っていた。あわててホームに戻り次の電車で一駅先で降りてバスで会社まで来た。不気味さを感じるあの女性とは怖くて話し合いはできない。

このまま会社にいたずら電話が続けば私は解雇される。また、自宅付近の住民に僕を誹謗中傷する投書があり、両親もノイローゼになってしまった。僕もおびえ続けてうつになった。このような状態が3カ月続いている。
警察に相談すると、「電話がかかってきた時間。回数(着信記録)をメモしておくように。できれば、会話録音をとるように」とか、「手紙、ビラなどを保存しておくように」など指導してくれたが、「電話の逆探知」などは、よほどの犯罪でなければだめだと言われた。警察は今のところあてにすることはできない。
僕として、女の住所を突き止めて対策を立てたい。何かいい方法を教えてほしい。

調査結果
女の携帯電話番号から、所有者・住所氏名の情報を取得した(2003年5月個人情報保護に関する法律制定以前は、闇・データバンク屋に問い合わせると、個人の情報、例えば銀行口座・残高、勤務先、健康保険証番号、家庭の固定電話などほとんどなんでも個人情報が有料で入手できた)。女の実家の固定電話も判明した。固定電話の住所から、女の住民票、戸籍謄本を入手して家族構成も分かった。女の自宅から行動調査をした結果、昼は、「便利屋」でアルバイトをしていた。夜は週3日風俗店でバイトをしていることが分かった。

女への対応
依頼者は、女の携帯番号へ電話した。「あなたの本名は○○ですね。勤務先は○○。夜のバイトは○○ですね。住所は東京都世田谷区○○町〇番✖号、父母の名前は○○・・。こんご、今までのようなストーカー行為を止めないと、こちらから仕返しをするか、警察に貴女のことを訴える。あなたの情報すべてがわかったので、警察はすぐに動いてくれるから・・」と告げた。
それ以降、電話攻撃、手紙は止まり、会社、駅の待ち伏せもなくなった。

探偵の眼
ストーカー対策は、行為者が元夫とか、元彼など身元が分かっている場合と、身元分からない者によるストーカーなのかによって、対策が分かれます。身元が分かっているストーカー対策は、覚悟のうえでやっているのですから難航します。躊躇することなく警察へ相談することです。身元が分からないストーカーの場合は、この事例のように正体を暴けばあっさり引く場合が結構あります。高齢化社会を映し出す面白い事例があります。一人暮らしの70歳の男性は、スーパーの椅子に座っている65歳くらいの女性に声をかけ、意気投合してお茶飲み友達になりました。以後、毎日男性宅に来て部屋の掃除・庭の掃除をしたり、手紙を毎日届けにきたり、男性の先祖代々の墓地掃除をしたりしました。女を疎ましく思った男性は、女に一方的に絶交を申し渡したところ、女は毎日通って道路に立って監視を続けるようになり、一日300回も無言電話をかけ続けて警察に逮捕されました。
本題の内田幸一や、スーパーで声をかけた70歳の男性のように、女性からストカー攻撃を受けないためには、恨まれない別れ方をすることですね。それ以前に(交際前に)、男女ともに、その人の言動を観察してストーカー気質があるかどうか見抜くことが一番の対策なのですが・・・。



Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.