水戸興信所 探偵よろず日記

離婚相談あれこれ


私のような被害者が出ないように、出会いから離婚訴訟を起こすまでの出来事を詳細に述べてみます、私は夫と職場で知り合って結婚しましたが出会いから異常でした。

1.出会いから新婚までの経緯等
 夫は東大卒で日本有数の電力会社に勤務しています。
 彼から私の両親に対し「結婚を前提にお付き合いさせて欲しい」と申入れがあり、両親が承諾してお付き合いを始めた。しかし、付き合い始めた当初から、自己中心的な性格であった。一例をあげると、私が待ち合わせ時間に5分遅れたことがあったとき、彼は私を罵倒しながら遅刻を攻めた。こんなことでこのような怒り方をする人を見たことはなく彼に不信感をもった。
 やがて彼からプロポーズされたが、生活観の違いから結婚してもうまくいかないと思い、プロポーズを断り別れることにした。が、彼は納得せず私に会うため執拗に私の家にきて居座るようになった。私は帰宅できず一週間ほどビジネスホテルに宿泊した。どうしても居座りが続くため彼の上司に来てもらい、彼を強制的に帰宅させることがあった。そうしたところ彼は会社を辞めると言い出し、〇県にある彼の実家に帰り、そこから私の家に連絡してきて「〇県の実家に来てほしい」と言った。私は、彼がこれほどまでに私を必要としているのかと思い、彼のプロポーズを受け入れた。私は彼と結婚し、茨城県内に住みやがて長男和也が誕生した。
2.婚姻の破綻
(1)婚姻を継続し難いこと
 夫の、私と長男に対する思い遣りのない態度、身勝手且つ自己中心的気分屋の性格と首尾一貫性のない言動、育児への非協力、妻の私に対し繰り返される侮辱と侮辱的言動などにより、夫に対する信用、愛情を喪失したことが、夫婦間の「結婚生活を継続し難い重大な事由」です。そして、私が離婚をはっきり決意したのは、後述する幼い子供の目の前でワイングラスを叩き割る暴力的な行動を契機に、それまで必死に耐えてきた夫の言葉の暴力や脅迫的な行動にたえられなくなったときです。

(2)具体的なこと
① 結婚当初
a ある日、夫は友人とゴルフに行くと言って出かけたがそれは嘘で、実は女性と会っていた ことを夫の携帯のメールをチェックして知った。その日夫は午前0時過ぎに帰宅した。携帯 電話を必ずロックしておく、明け方帰宅するなどいくつか不信感を抱かせることがあるの で夫に問い詰めると、ゴルフだと嘘をついて実は女と会っていたことを認めた。結婚して 半年程度でこの行為に私は夫に大きな不信感を抱きました。
b 夏ころ、私が食中毒にかかり病院に行かなければならない状態なのに夫は連れて行ってく れず私は父母に病院に付き添てもらった。私は、夫婦としての配慮が夫にはないと感じま
した。
② アメリカ出張中の出来事
a 夫がアメリカに出張することになり、私に会社を辞めてアメリカについてきてくれるよう に頼んだので私はやむなく退職して夫に同行した。向こうの生活でケンカすることが度々 あったが、「自分の意思でついてきたのだろう」「会社を辞めたのも自分で決めたことだ ろう。」などアメリカに赴任前に自分で言ったことと正反対のことを言った。 
  夫の発言は、常に首尾一貫しておらず気分しだいでころころ変わるのです。また、ケン カのときには、「荷物をまとめて日本に帰れ」などと言った。このように生活の中で優し さに欠ける行動が続くため私はホームシックにかかったが夫は顧みることもなく一人で自 由気ままに旅行をしていた。

b 私は、夫の自己中心的な言動に嫌気がさして二度帰国したが、私の母がいれば二人の諍い も緩和されると考えてアメリカに戻る際母に少しの間同居してもらうことにした。しかし 母を交えた生活でも性格に変化は生じなかった。例えば観光の時、田舎出の母親を気遣う こともなく自分で行きたいところだけを連れまわすだけで、地下鉄を一駅乗り過ごしたと き、夫は母に向かって「早くしないから乗り過ごしてしまった!」と嘆いたり、お土産を  たくさん持って帰ろうとスーツケースに詰め込んでいたときも「そんなに荷物を入れた  ら、重量オーパーらなりますよ!」と軽蔑の目で言うのでした。このように人の心情を理解 できないのであり、このような性格が夫ととは一緒にやっていけないと考える理由です。

c アメリカでの生活で、私はテレビ・ラジオもない部屋で生活をさせられ、インターネッ トは1日1回と制約され、生活費として与えられた金額だけ使うことを許されただけの生活 でした。夫は私に無駄使い等認めないのに、自分で平気で贅沢をする。このような夫に対 する違和感、不信感は募る一方でした。

 

イメージ


イメージ


③ 長男誕生
a 長男和也が誕生。夫はほとんど育児に協力してくれなかった。夫は、私に、「子供の相手 をしていればいいのだから専業主婦は楽だろう」などと無神経な発言をするので、これに 反発して口論になったとき、「お前が自分と同じ、給料を持ってくれば自分は専業主夫し てもいい。」と言った。育児は非常に手間がかかりストレスもたまる大変な仕事です。こ れを理解しない夫と心を通い合わすことができない。共通の認識が得られないことに落胆 しました。
b 夫婦で長男を小児科に連れて行ったことがあった。夫は駐車場にいて待合室には来ず、
 「診察が遅い。会社に間に合わなくなる!」などといって怒り出し、私が長男を抱いて完全 に乗り込まないのに急発進しようとしたのであわてて乗り込んだ。もう少し母子に配慮し た行動をとって欲しいのが心情です。
c 長男のチャイルドシートを購入したとき、私に「5万円もするような高級なものを勝手に 買うな。」と怒った。夫は私に内緒で高級時計2個購入しているのに5万円の買い物に目く じらを立て、しかも高級時計の購入は私に証拠を突きつけられるまで隠していたのです。 このように、夫婦であるのに事実がバレルまで隠し続ける夫に対し不信感は募るばかりで す。そして、自分の事は棚に上げて人を非難する自分勝手な人だと改めて思いました。
d  夫婦ケンカのたびに、「専業主婦は楽でいいよな!」、「俺と同じ給料を取ってこい!」 といった暴言を浴びせられることに嫌気がさし、資格を取って働こうと考えある国家資格 取得を決意した。夫にそのことを話すと、「資金がかかるからダメだ!」といって不機嫌に なり全く聞く耳を持たなかった。私は、資格を取得して働く夢を諦められず、「資金は私 の実父に出してもらう」と夫に話したところ夫はあっさり承諾した。夫にとっては、私の 夢や希望より、夫婦のおカネの維持のほうが大切なのだと気づき、私に対する愛情の欠如 金銭への執着心、利己性を痛感しました。

④ フランス赴任決定後の出来事
a 夫のフランスへの赴任が決まったが、私はアメリカに夫婦で赴任したときの嫌な経験か ら夫と一緒にフランスへ行くことを拒否したところ、夫は、「同行しないなら離婚する」 と言い張ったため、私は短期大学に通学して資格取得の勉強中であったが、仕方なく休学 してフランスに同行することにした。私は自分の目標を一時中断して家庭を円満にしょう と努力したつもりでした。

⑤ フランス滞在中の出来事
a 夫のフランスの滞在に私と長男も同行したが、休日など夫は一人で観光に出かけ、育児 に相変わらず協力せず母子家庭同様の状態でした。夏、夫の思い付きで家族旅行をしたと き、ホテルに着くや夫は音楽をダウンロードしてパソコンに夢中になっていた。長男が夫 に相手にしてほしがっているのに全く相手にしてくれなかった。妻子に、もっと優しくで きないのだろうかと考えずにいられなかった。
 旅行は車を利用した。初めての道路なので運転を怖がる私に夫は、「自分がナビゲーター をするからお前は指示通りに運転すればいい、それくらいはできるだろう!」と突き放なさ れた。「慣れない環境だから俺が運転する」と言ってほしかったのですがそのような心情 を酌む思い遣りがないのです。
b ある日、夫に30分だけ子供をみてもらうことにして私は散歩に出かけたことがあった。 家に近づくと子供の泣き叫ぶ声が聞こえた。部屋に入ると夫はベットに寝転んでいてその 脇で子供が大泣きしていた。夫は、泣いた子を少しあやしたが、いつまでも泣き止まない のでそのままにしておいた、とのことでした。わずか30分の外出の間さえ泣き叫ぶ我が子 をあやそうともしない夫に父親としての自覚があるのだろうかと落胆するとともに、夫の 気持ちが理解できませんでした。



イメージ


イメージ


⑥ フランス滞在中の出来事2
c 家族でフランスで生活しているとき私の母親が交通事故の被害に遭い亡くなりました。
 亡母の事を思い出し感傷的になって涙すると夫は「自分が泣かしているみたいだから泣く な」という。涙を流す心情が伝わらないのだと、更に悲しい気持ちになった。
d 母親が突然亡くなったことで私は日々悲しみに暮れていた。ところが夫は何かの拍子に怒 り出すと、「お前は母親の死亡保険の補償金で生きて行け」といったり、亡き母親の写真 を見ながら泣いていると、「泣いても仕方ないだろう。死んだ人間より生きている人間を 大切にすべきだ」など、私が故人を悼んでいる感情は全く無視され、さらに「自分より、 亡母を大切にしている」といって私を深く傷つけた。私は、夫との心の隔たりの大きさに 悲しみが増すばかりでした。
e 私は亡母をしのんで毎日線香を焚いていたが、ある日夫はその中に自分で吸ったたば  この吸い殻を乗せた。私はこの行為に唖然となった。私と亡母に対する冒とくとしか取れ ない。夫には人として最低限わきまえるべき礼儀や常識が欠落しているとしか思えなかっ た。
f  夫は、子供が寝付きそうなときに酒に酔って部屋に入ってきて、明かりを点け、自分の 不平不満をまくし立て、「お前は自分のために何もしてくれない。専業主婦は楽でいいよ な。昼間はいつも寝ていられるから楽でいいよな。お気楽でいいよな。ここへはお前の意 思で来たのだから帰るなら荷造りは自分でやれ。極悪人には子供は育てられない。」と怒 鳴った。
 その時の気分で罵詈雑言を浴びせたり、言うことがころころ変わる夫の身勝手な性格は直 らないと思わずにはいられなくなりました。
g 子供に対しても、離婚が決まってもいないのに、「パパは本当のパパではなくなるか  ら」と言ったり、一人で激高して子供の面前でワイングラスをたたきつけて割った。幼児 面前でグラスを床に叩きつけて割るなど、常軌を逸している行為としか思えません。
 また、子供には寝ろと言いながら、その脇で喫煙をし、ボリュームを最大にしてCDをか  け、酒に酔いつぶれて寝てしまうなど、子供のことなどまるで考えない傍若無人ぶりで  す。ある日、子供が塗り絵遊びに夢中になり文具「のり」を大量に使ったことを「どうし て無駄に使うんだ」となじり、また、クレヨンをじゅうたんに落としたとき「クレヨンは じゅうたんに色が付くから今度落としたら捨ててしまうから。」とムキになって叱るので 私が反論すると、「じゃあ好きなだけ汚せばいい。」と不貞腐れるのでした。夫は機嫌が 悪いと物にあたり破損させる。それについては謝罪も反省もしないのに、子供がじゅうた んに落としたクレヨンにはこのようにムキになるのを見て、自分のことは棚に上げて、人 のことを平気で非難する身勝手な人だと何度も思い知らされました。
h ある日、夫婦ケンカの末に離婚話が出たとき、夫は「自分は生きていても何の楽しみもな いから死ぬ。」などと言って日本酒をがぶ飲みし、ベルトを持って部屋を出ようとした。 私は夫がベルトで首を吊って自殺するつもりだと思い、何度も止めようとしたが私を振り 払って車で出て行った。私は2歳の子を部屋に残しておくこともできず、夫の帰りを待つし かなかった。そうしたところ、夫は戻ってきては、また車で出ていくという行為を4度繰り 返した。私は一睡もせず待っていたところ、午前3時過ぎにようやくベルトと日本酒を片手 に部屋に戻ってきた。私はほっとしたが、このような行動に出る夫に理解不能の部分があ る事を思い知らされて心身ともに疲労してしまいました。

(3)まとめ
① 結婚生活中、夫婦ケンカのたびに、「お前はいつ働いているんだ」などと、専業主婦は何 も仕事をしていないかのような発言をして妻を侮辱し続けました。
② 夫は、妻と子供が一番大事だと言っている。しかし、妻から見て夫の言葉には虚言が多  く、行動が伴っていない。夫婦ケンカのたびに、「離婚する」と言う。その他の暴言や虚 言の繰り返しによって妻の夫に対する信頼度や愛情は徐々に薄らいでしまいました。
③ 夫の暴言、虚言、言葉巧みな(話術による)説教によって、私はいつも自分自身でいつも  身構えたような防御態勢になり、自分が何かおかしいのではないか、自分が何か見失って いるのではないか、と自分に原因があるかのように錯覚し、自己不信に陥ったこともあり ます。
④ この夫と婚姻を継続すると私自身が潰されてしまう危険をはっきり自覚しています。もう 無理です。助けてください。

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.