水戸興信所 探偵よろず日記



画像はイメージ



依頼人 妻 永田京子(40)専業主婦
対象者 夫 永田 健(44)銀行員  12歳の子あり 共に仮名
※ これは事件簿を参考にしたフィクションです。

調査目的
夫の行動調査

相談概要
 夫は毎晩帰宅が遅い。私も元銀行員だったのでわかるが、業務のための遅い帰宅ではない。土曜日曜の外出が多い。県外からの高速道路料金の領収書がたびたび財布に入っている。夜の夫婦関係も全くなくなった。そわそわして落ち着きがない。確証はないが、女がいるような感じがする。

結婚して分かったが、夫は婚前とは別人の性格だった。暴力、暴言が絶えない。冷酷な夫に委縮し続けた生活の為に神経症になり、2年前自殺を図った。里帰りして半年以上静養していたが、夫は一度も見舞いに来てくれなかった。実家にズルズルしていると戻れなくなる気がしたので思い切って夫の元へ帰った。

実家で静養しているとき、独身時代付き合っていた彼のことを思いだし、懐かしさのあまり「秀樹とキスしたい。抱かれたい」などと手帳に書いたものを夫に盗み見された。夫の部屋に、「離婚の法律知識」「男女間紛争の解決実例百科」などが置いてある。離婚問題について調べているみたいだ。
自殺未遂を起し、「秀樹とキスしたい・抱かれたい」等の空想メモの手帳を見られてから夫は特に冷淡になった。[俺はお前のこと、もともと好きではない」と言ったり、子どもの前で私の非をあれこれと言い立て、「パパとママが離婚したらどうする」などと聞いたりする。

インターネットで人妻の不倫に関する記事を探してプリントし、私の枕元に山のように積み重ねて置いておく。「お前はこの事件のように不倫願望がある女なのだ」と言いたいらしい。底意地悪い夫に私は完全に覚めた。
夫が単身赴任で借りていた部屋に、女が出入りしていたようで、「引っ越しのとき机の中に忘れ物しないでね」「新しい係でお仕事頑張ってください。応援しているよ。いつだって・・チュー」などと書かれたメモを大事に保管している。
義母に相談しても、「男はみんな浮気性だから」といって取り合ってくれない。
不貞の証拠を取って絶対有利な離婚をしたい。

調査結果
 銀行の独身女性と交際していた。
土曜、日曜は午前中に待ち合わせをして、東京都内に買い物に出かけたり、関東近郊の観光地にドライブに出かけてラブホテルに入るのが定番コースだった。
探偵が撮影した夫と女のデート場面の写真を見た依頼者は、「え!?・・この女は私と同期入社した同僚で、夫が独身のとき交際していた女性。ずっと続いていたんだ・・・」と絶句。「この絶望感は言い表せない。家にいるだけで自分が壊れてしまいそう。これで終止符を打つ覚悟が決まった」と言ってあわただしく協議離婚を成立させた。

探偵の眼
 自殺未遂の過去がある自分が怖かったのでしょう。「とにかく離婚するだけででいい」といって、協議離婚を先行させて子どもを連れて実家に帰り、心身が落ち着いてから慰藉料と財産分与を請求する方法を取りました。尚、夫及び、不倫相手の女に慰謝料の請求権が行使できる期間は3年以内。夫に財産分与の請求権を行使できる期間は2年以内と法律で決められているので注意が必要です。

この事例のように、独身時代に交際していた女と結婚後も続いていたということは結構あるのです。妻は「今までの自分は何だったのだろう。結婚生活を全部否定されたようだ。絶対に許せない」と言って、このケースは100%離婚に至ります。
まあ、このような関係を平然と12年以上も継続できる男の精神構造は異常です。奥さんの離婚の選択は正解でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.