水戸興信所 探偵よろず日記

依頼人 妻 藤井里香(48)保険セールス
対象者 夫 藤井春夫(51)保険代理店経営 仮名

写真はイメージ




調査目的
夫の浮気調査

相談概要
私が2階に上がると夫が携帯電話をあわてて隠した。「誰と話していたの」と聞くと、「飲み屋の女だ何でもない」という。夜中に隠れてメール交換している。ある時、「俺には女がいる。その名は死んでも言えない。秘密を墓場まで持っていく」などと告白したことがある。それ以来夫を受け入れなくなり5年間セックスレス。夫の様子を見ていると落ち着きがなくなった。浮気していると確信できる。夫に「女がいても構わない。どうぞご自由に」と、悔しい意地を張っているが、どこのどんな女なのかは知っておきたい。
「私はあなたの隠している女のことは何でも知っているのよ」と、気持ちのうえで優位に立ちたい。鼻を明かしてやりたい。

夫は、他人には徹底して愛想よくふるまうが、私には、誠実さがない。心ここにあらずという感じだ。人間味がない。嘘が多い。トゲがある言葉を平然と浴びせる。夫に対する憎しみが一杯で家庭内別居状態が続いている。うつで心療内科に通院しているがどうしても夫に対し心が開けない。

調査結果
依頼人は、探偵が撮影した春夫とデートしている女の写真を見たとたん「あ!英子さんだ・・」と叫んだあと押し黙ってしまった。夫の不倫相手は、同じ市内の保険会社に勤務する英子(47)だった。公務員の夫と21歳の息子がいる。春夫と英子は、隣町のスーパー駐車場で待ち合わせて春夫の車で30キロ離れたラブホテルに直行する。平日のデートなので、フリータイムを利用して昼まえから夕方までホテルですごす。帰路、食事をとって帰宅する。毎週一回、同じ行動だった。

状況
「夫と英子が独身時代に付き合っていたのは分かっていたが、ずっと続いていたとは夢にも思わなかった。私に対する最大の裏切りで、今までの結婚生活を全て否定された感じだ」と依頼人。 二人は、会合や研修旅行などいつも一緒に参加していた。研修旅行のとき、春夫は、「夫婦で参加するのは恥ずかしいからお前は留守番していて」と妻には参加させなかった。旅先で、参加者の目を盗んで密会していたのだろう、と長年騙され続けた妻は悔しがった。
程なく英子の勤務する会社に「英子の素顔を暴く」怪文書が投函されて、英子は会社を去った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.