水戸興信所 探偵よろず日記

依頼者 妻 伊藤公子(58)  対象者 夫 伊藤一樹 (62)無職   人物 仮名

※これは事件簿を参考にしたフィクションです。

相談概要
 夫が交際している女は誰? 子供は夫の子か、女の連れ子か?

これからどんな人生になるにしても、実態をしりたい。何を考えているのかわからない、つかみどころのない無口で冷淡な夫。「何か話すことはないのですか」と、会話を誘うと「別に何もない」と吐き捨てるように言うだけ。夫は56歳で希望退職した。夫が現役の時はダム工事現場に長期単身赴任が多く、現地で自炊生活の時付き合っていた女がいた。結婚してから現在まで、夫から給料とボーナスをいただいたことが無い。私の実家の母親の援助で生活してきた。

「家庭に給料を入れないならどうして家庭を持ったの?」と、質問するとすごい形相で殴られ、それ以来怖くて夫を怒らせるような言葉は使えなくなった。結婚してから事あるたびに、「出ていけ!」と言われたが、3人の子供から父親を失くするのが不憫で我慢してきた。会話もなく無視されつづけ、気に入らないと食事もせず、近所から弁当を買ってこれ見よがしに食べることも度々。私の姿を見ると何が気に入らないのか、舌打ちしたりため息をついて、家の中の空気を一層憂鬱にする。

今になって考えると、早いうちに離婚して母子家庭になっていた方が良かったと後悔ばかりしている。子どものため、と耐えてきたが、子どもは冷酷な父親にまったく馴染まず高校を卒業してみんな外に出てしまった。
今日まで父子の対話どころか、父親を憎悪しているのが分かる。

私が帰宅すると不在の時がある。無言電話があり、あいては私の様子をうかがっている。子どもたちは、「親父に女がいると思う」といつも言っていた。

ある日、夫が墓地を買う話をしたので、「自分の墓は自分で買う」と反発した。「わたしが死んだら夫のお墓にだけは入れないでほしい、一生のお願いだから。」と、子どもたちに遺言した。空虚なだけの人生だった。死んでからもこんな夫と墓に眠るのはまっぴら。

生活費の苦労、女のこと、何年生活しても心の隔たりは埋まらず、今日まで我慢してきたがもう精神的に限界なので、はっきりさせて生き方を決めたい。

調査結果
 省略

探偵の眼
 夫の単身赴任時の浮気事件。給料、ボーナスを渡したことのない金銭への執着。出ていけ!となじられ、無視され、舌打ちされ続けた精神的暴力の日々。対話のない冷え切った家庭。奥さんの心の平安はなかったですね。
同じような環境の中年女性の相談が目立ちます。今日まで子どものためと頑張ってきても依頼人の年齢になると緊張していた神経も体も限界にきて、崩れてしまうのでしょうか。

主人が定年の生活に入ると、昔のいやな思い出(心の傷)がよみがえり、夫の在宅が倍加して負担になるようです。「今までの人生は虚しすぎた・・・」静かにため息をついて空をみつめる姿が痛々しいです。このご婦人は、ストレスに満ちた結婚生活でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.