水戸興信所 探偵よろず日記

イメージ


イメージ


⑥ フランス滞在中の出来事2
c 家族でフランスで生活しているとき私の母親が交通事故の被害に遭い亡くなりました。
 亡母の事を思い出し感傷的になって涙すると夫は「自分が泣かしているみたいだから泣く な」という。涙を流す心情が伝わらないのだと、更に悲しい気持ちになった。
d 母親が突然亡くなったことで私は日々悲しみに暮れていた。ところが夫は何かの拍子に怒 り出すと、「お前は母親の死亡保険の補償金で生きて行け」といったり、亡き母親の写真 を見ながら泣いていると、「泣いても仕方ないだろう。死んだ人間より生きている人間を 大切にすべきだ」など、私が故人を悼んでいる感情は全く無視され、さらに「自分より、 亡母を大切にしている」といって私を深く傷つけた。私は、夫との心の隔たりの大きさに 悲しみが増すばかりでした。
e 私は亡母をしのんで毎日線香を焚いていたが、ある日夫はその中に自分で吸ったたば  この吸い殻を乗せた。私はこの行為に唖然となった。私と亡母に対する冒とくとしか取れ ない。夫には人として最低限わきまえるべき礼儀や常識が欠落しているとしか思えなかっ た。
f  夫は、子供が寝付きそうなときに酒に酔って部屋に入ってきて、明かりを点け、自分の 不平不満をまくし立て、「お前は自分のために何もしてくれない。専業主婦は楽でいいよ な。昼間はいつも寝ていられるから楽でいいよな。お気楽でいいよな。ここへはお前の意 思で来たのだから帰るなら荷造りは自分でやれ。極悪人には子供は育てられない。」と怒 鳴った。
 その時の気分で罵詈雑言を浴びせたり、言うことがころころ変わる夫の身勝手な性格は直 らないと思わずにはいられなくなりました。
g 子供に対しても、離婚が決まってもいないのに、「パパは本当のパパではなくなるか  ら」と言ったり、一人で激高して子供の面前でワイングラスをたたきつけて割った。幼児 面前でグラスを床に叩きつけて割るなど、常軌を逸している行為としか思えません。
 また、子供には寝ろと言いながら、その脇で喫煙をし、ボリュームを最大にしてCDをか  け、酒に酔いつぶれて寝てしまうなど、子供のことなどまるで考えない傍若無人ぶりで  す。ある日、子供が塗り絵遊びに夢中になり文具「のり」を大量に使ったことを「どうし て無駄に使うんだ」となじり、また、クレヨンをじゅうたんに落としたとき「クレヨンは じゅうたんに色が付くから今度落としたら捨ててしまうから。」とムキになって叱るので 私が反論すると、「じゃあ好きなだけ汚せばいい。」と不貞腐れるのでした。夫は機嫌が 悪いと物にあたり破損させる。それについては謝罪も反省もしないのに、子供がじゅうた んに落としたクレヨンにはこのようにムキになるのを見て、自分のことは棚に上げて、人 のことを平気で非難する身勝手な人だと何度も思い知らされました。
h ある日、夫婦ケンカの末に離婚話が出たとき、夫は「自分は生きていても何の楽しみもな いから死ぬ。」などと言って日本酒をがぶ飲みし、ベルトを持って部屋を出ようとした。 私は夫がベルトで首を吊って自殺するつもりだと思い、何度も止めようとしたが私を振り 払って車で出て行った。私は2歳の子を部屋に残しておくこともできず、夫の帰りを待つし かなかった。そうしたところ、夫は戻ってきては、また車で出ていくという行為を4度繰り 返した。私は一睡もせず待っていたところ、午前3時過ぎにようやくベルトと日本酒を片手 に部屋に戻ってきた。私はほっとしたが、このような行動に出る夫に理解不能の部分があ る事を思い知らされて心身ともに疲労してしまいました。

(3)まとめ
① 結婚生活中、夫婦ケンカのたびに、「お前はいつ働いているんだ」などと、専業主婦は何 も仕事をしていないかのような発言をして妻を侮辱し続けました。
② 夫は、妻と子供が一番大事だと言っている。しかし、妻から見て夫の言葉には虚言が多  く、行動が伴っていない。夫婦ケンカのたびに、「離婚する」と言う。その他の暴言や虚 言の繰り返しによって妻の夫に対する信頼度や愛情は徐々に薄らいでしまいました。
③ 夫の暴言、虚言、言葉巧みな(話術による)説教によって、私はいつも自分自身でいつも  身構えたような防御態勢になり、自分が何かおかしいのではないか、自分が何か見失って いるのではないか、と自分に原因があるかのように錯覚し、自己不信に陥ったこともあり ます。
④ この夫と婚姻を継続すると私自身が潰されてしまう危険をはっきり自覚しています。もう 無理です。助けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.