水戸興信所 探偵よろず日記

miyagawa

「夫は何をしているのでしょうか? マイホームパパが深夜の帰宅や、あれこれ言い訳して外泊するようになった」「スマートフォンを肌身離さず持ち歩く」「あれ?・・・と漫然とした疑問が多くなったが確証はない」。

婦人たちは、夫の「ちょっと変わった空気」を見逃さずに、疑惑を膨らませていくのですね。

 現在は結婚する三組に一組が、夫又は妻が離婚経験者だそうです。このような大離婚時代になっても、妻たちは軽々に離婚を決断しているのではありません。夫の言動に疑惑を持って最初から離婚を決意して探偵事務所に調査を依頼する人はいません。

 夫の不貞に確信を持った妻は、探偵に依頼する前にまず事実を知ろうと行動を起こしています。親や姉妹、親しい友人に悩みを打ち明け、携帯電話や手帳を盗み見し、机やカバンをかき回し、勤務先や行きつけの飲み屋を偵察し、尾行までして夫の不倫疑惑を追及してます。でも決定打が無いため、夫に冷笑されノイローゼ扱いされて傷ついていきます。

 このような状態で、一人悶々として、半年、一年、二年が経過し、夫の不審な行動や夫婦関係がますます悪化してやっと意を決めて探偵事務所にたどり着きます。この時点で心身ともにぼろぼろになっている人もみられます。

 夫の不貞が、妻の出産から三才児までに特に多いですがこれは危険です。幼児は母親の肌のぬくもりと精神的安静とのなかで健やかに過ごし、幼児の性格を育み一生を左右する時期だと言われています。

 幼児の人格形成のもっとも根幹となる過程は満二歳までにおこなわれると、精神科医岡田尊司は警鐘しています。この時期に夫が不貞に走り、妻は夫の言動に翻弄されて、育児に満足な「愛情と保護」を与えられるはずがありません。

夫の不貞は、妻と子の一生を左右してしまうことを肝に銘じてほしいです。

 先ごろ離婚の記者会見で「スザンヌ」というタレントさんが、「子どもが産まれたら優先順位が代わってしまった」「子どもの事で一生懸命だった」「夫婦にはなれたけど家族にはなれなかった」などと涙ながらに話していました。この会見の内容を知った多くのヤングママから「共感できる」と圧倒的に支持する意見が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

相談概要 
依頼者・内藤明美(35)歯科技工士 対象者 中山靖男(37)会社員 氏名・年齢・職業 共に仮名

※これは事件簿を参考にしたフィクションです。

 その男と結婚を前提に同棲をした。男の妻は暴力に耐えられず実家に逃げ帰ったことを後で知った。私が男と出会ったころは、優しい口調の電話の誘いだったが、しだいに誘いが強引で執拗になってきた。30分に1回くらい携帯電話が鳴り、仕事ができないので電源を切ると、職場の有線電話にかけてきて、「どうして誘いに応じないのか!」と怒鳴るようになった。退勤時、男が夕方から駐車場で何時間も待っていて尾行された。住まいが分かってしまうので、もうこれ以上避けきれないと諦め、会ってどんな男性なのか確かめようと考えて食事の誘いに応じた。

それが地獄の始まりだった。

 付き合い始めて、普段はおとなしいのに、会話で何か一言が気に入らないとすぐにキレることや、監視ぐせ、電話魔的なことが気にかかったが、反面、「結婚すれば治る。私がなおしてみせる」という安易な気持ちがあった。このような性格の人に出会ったことが無くて、真の恐ろしさが分からなかった。男は、「妻とまもなく離婚する」というので、交際1カ月で男の部屋で同棲を始めた。交際中は酒を全く飲まなかったのに、実は酒乱だった。内心、騙されたと悔やんだが、生活費のこともあって別れを切り出す勇気がなかった。酒を飲み始めると形相が変わり、ちょっとした一言が気に入らないと、顔面蒼白になって爆発的な怒り方をする。怖くて無言でいると、「何が気に入らなくて黙っている!」と更に激高する。その怒りの激しさはいままで体験したことのないものだ。会話しても、無言でいても、気がふれると一方的に殴られた。ある日、「お前が夫と別れてからの男性遍歴を話せ」と告白を迫られて、交際した男性の話をしていると逆上し、殴る蹴る、髪の毛を引きちぎられ、木刀で息の根が止まるほど殴られるなど、狂気の暴行を受けた。

嫉妬深く、被害妄想でもある

 職場の話や、男のお客さんの話をすると、「その技工士が好きなのか!」とか、「その客と昼間遊んでいるのだろう!」と本気になって詮索する。私が出勤しているかどうか確認の電話を入れ、退勤後はクリニックの奥様に、「いつも明美がお世話になっています。明美は何時頃帰りましたか」と、毎日退勤時間も確認していた。相手がどう思うだろう、とか、自分はどう思われているのだろう、などの気遣いや恥じらいなど常識は通用しない。

 日常的に日本刀や木刀を振り回し、刀の背で力任せに叩かれ手の甲をきられたこともある。体中アザだらけで生傷がたえない。男は、私が逃げるようなそぶりを感じると、「お前の娘が年頃になったら必ず襲ってやる」と脅す。娘を人質にされているようで、逃げる気持ちも失せて、無力感で一杯。生き地獄の日々だ。あの宅間守とおなじ気質だと思う。

私が逃げても実家に預けている子供や、父母が殺されると思う。私が殺されるか、男を殺してしまうか、ギリギリのところまで追いつめられている。

 狂人のように暴力を繰り返しても、そのあと「俺を一人にしないでくれ」と、別人のように泣く、同じ男の落差が信じられない。最初は、「心が弱いだけ、ほんとは優しい人」と、暴行を受けても許せる気持ちがあったが、今は、あの男の人格は絶対に治らないと確信している。

探偵の眼 
 内藤明美さんは顔、両手足が赤アザ、青アザだらけで正視できないくらいでした。この話はもちろん実話ですが、この内容とほとんど同じ、という加害者・被害者をわたしは相当数知っています。というより、相談を受けています。最初は仮面をかぶって女性にち近づいて、女性が男の掌中に入ってから男は本性をむき出しにします。気を付けてください。

 

実家へ帰ろう



依頼者 妻 原田真紀子(28)主婦  対象者 夫 原田純一(31)公務員 子供3歳  人物は仮名

※これは事件簿を参考にしたフィクションです。

夫の不倫を暴いて有利な離婚をしたい 
夫の帰宅が連日深夜になったり、外泊したりする。土日も家にいない。会話もなく夫婦として冷え切っている、1回目の夫婦の危機の時、冷却期間として九州の実家に里帰りして考えた末、「離婚」の結論を出した。夫が迎えに来て、親と私に土下座して、「いろいろ反省している。絶対に幸せにするから帰ってくれ」という言葉を信じて戻ったのに、女狂い、パチンコ、飲酒の生活ぶりは一つも変わらない。私が、戻ったことで女遊びや遊興を認めたと勘違いしたらしく、遊びは一層ひどくなった。

家庭を顧みない遊び癖にうんざりした。夫婦間の冷戦に子供の表情も行動も日増しに悪くなっていく。この環境で成長したら大変なことになる。夫の性格は一生直らないと思う。親子の悪の連鎖を止めなければならない。夫と両親にとって、私は「原田家の嫁」として、世間体を取り繕う存在でしかない。両親に相談しても夫をかばうだけ。この家族に温もりはなく、私は孤立している。はやく離婚して実家に帰りたいが、義父母と夫に家政婦扱いにされた結婚生活を考えると悔しい。慰謝料をもらうだけの離婚では気が済まない。不倫の証拠を撮って夫の素顔と原田家の実情を世間に暴露したい。

調査結果 
対象者は、教育委員会の事務職 神田綾子(27)と交際していた。女はアパートで独り暮らし。連日、二人は退勤後ショッピングセンターで合流。隣の市街に車を走らせ、飲食、ショッピング、ボーリング、ゲーム、パチンコ、カラオケ、漫画喫茶、カーセックス、ラブホテルなど遊興の限りを尽くしていた。

証拠写真を手にした 真紀子さんは、証拠写真を離婚の話し合いに出さないで、自分の境遇を悲しんでくれている友人が、不倫現場写真と文書をいれて原田の自宅や両親あて、職場、近隣へ暴露手紙を投函するのだという。名誉毀損になると忠告したが、真紀子さんは、原田家親子はこの不倫暴露の投書は表ざたにしない、と確信していた。

探偵の眼 
原田純一の父は市内の名士。市内に広大な土地を所有して、スーパーなどに賃貸して、市内で屈指の資産家。母も地元婦人会の会長をしており裕福な家庭が自慢。夫婦とも世間体を極端に気にする。息子の放蕩を注意するどころか、むしろかばう。

夫は、役所の催事などに積極的に参加して職場や地域の評価は良い。偽善に満ちた親子の素姓を暴いて恥をかかせた真紀子さんの離婚作戦は成功と言えた。

九州に帰って、落ち着いてから連絡が入った。
原田親子は原田家に投函された暴露記事をもとに離婚裁判などは起こさないようにと、高額な慰謝料と養育費を支払ったという。「悔しくてこのまま故郷に引き下がれない」の言葉がよみがえった。ダメ家族から解放されて母子、ほんとに幸せをかみしめています。弾んだ声がうれしい。

高橋里美さん(55)の相談   人物は仮名

※これは事件簿を参考にしたフィクションです。

 夫・高橋義一(60)の父・正義(90)が毎週土曜日の11時に出かけて翌日の午後に帰宅する。義父は「温泉に一人で行って泊まってくるだけ」、と言い訳するがスーツ姿に変身して出かける。もともと一人で温泉などに出かけるお義父さんではないのです。私は女の感で、お義父さんに女がいると思い、夫にそのことを告げると、夫は取り合ってくれないばかりか怒り出す。どうか義父の行動の真相を確かめてください。

 早速、土曜日に当人の尾行を開始する。某駅近くの和風食堂に正義さんが人待ち様子で佇むと、ほどなく50歳前半の婦人が近づいて二人は食堂に入った。二人は別々に食堂を出て、ローカル線の電車にも別々の車両にのり、電車が発車すると女が正義さんのボックスに座るという用心深さ。女は、このような行動に手馴れている様子だ。1時間後電車をおりてタクシーで山間のひなびた温泉に入った。日曜日の昼前に温泉旅館をでて駅に戻り、女の自宅に入るまで尾行して確認した。

私を助けてください。
 正義さんの行動の顛末を依頼者、里美さんに報告すると、「お義母さんが痴呆症で施設にバスで通所している。在宅看護したり朝晩の送迎の立会いなど一生懸命尽くしているつもりだ。私は潔癖癖なのでお義父さんの事を聞いたら、気持ち悪くて鳥肌が立った。もうこのままでは同居ができない。お義父さんがその女と手を切るのなら、考え直す。」と、激怒したり、哭いたり動揺が激しい。「夫は、父親が他の婦人と息抜きをする行動を或る程度理解できるらしい」と苦悩は募るばかり。私に、お義父さんと女の縁を切る対策を教えてくれというのだ。

 夫、義一さんに来てもらい、私が調査した60歳、70歳代の男性に群がる、婦人たちの「オジさん狩り」の実話を伝えた。

 男女の別れは交際が長引くほどややこしくなる。正義さんの女道楽も良いけど、最後に食い物にされなければよいけど・・・
私の話を聞いた義一さんは、資産家の父、正義さんの行動の危険さをすぐに察知した。女性方を訪問して、女性とその長男に、「父親と縁を切ってほしい。痴呆症の母を介護してている妻が、このままでは離婚して家を出る。」ことを伝えると二人は、恐縮して義一さんの申入れを承知したとのことです。

 高齢の高橋正義さんは痴呆症の配偶者がいます。一方の、温泉旅行に同半する50歳前半の女性は未亡人でした。土日たびに繰り返される二人の温泉旅行は許されるのか?私にはわかりません。ただ、調査依頼でこのようなカップルをたびたびみており、これからますます増えると思います。

 そのご、正義さんが一人で寂しそうに街を歩いている姿をみました。90歳になる父親の生き甲斐を奪った長男。それによって救済された妻。

里美さんの熱意が伝わった事例です。なお、中年婦人たちの「オジさん狩り」については、別ページに記載します。

 

 探偵事務所を訪れた妻から、夫の浮気調査を受けるときに夫が不貞をしているか、依頼者の被害妄想なのではないかをまず見極めることにします。次に、調査が必要であると確信が持てた場合、その調査を効率よく行うため(的を絞る)、結婚してから相談に来るまでの日常の生活状況を話してもらうことにしています。 職業 年齢 勤務先 業務内容(事務系・現場職・外勤)出勤・退勤時間 通勤手段 帰宅時間 休日の過ごし方 家庭内の言動 趣味 遊興 金遣い おしゃれ度 夫婦生活について 妻子に対する言動 夫に対して不信感を抱いた具体的なこと、など順序立てて聞き取りをしていくと、その夫婦の生活状況がわかり、夫に女性がいるかどうかほぼ見当が付きます。

依頼者は、こっそり収集したコンビニやレストランの二名様と表示されたレシート、プリクラのツーシヨット、手帳に記されたデート日をスマホで隠し撮りなど数々の「物証」を展示して説明を始めます。

浮気相手が、「風俗や水商売の女なら許せる」といい、「人妻とバッイチは許せない」と憎悪むき出しになり、「独身女性の場合が一番ショック」と、異口同音の回答です。

依頼者は、私との対話に安心した表情をうかべて今までに夫から受けた仕打ちや、結婚生活の苦悩を涙ながらに訴えてきます。二人の出会いから始まり、新婚当時、出産育児、舅姑、夫の家庭環境、夫の親族、夫の経歴、人柄、思想、人格、性質、宗教、夫婦の間に秋風が吹き始めた原因、心を閉ざした原因、家庭内別居状態になった時期、など夫婦の生活の記を延々と語るのです。

依頼者の結婚生活の聞き取りのメモ集があるのですが、どの依頼者も結婚生活で悩むキーワードをまとめてみました。

浮気 メール モヤモヤ 顔色 素朴な疑問 健康状態 睡眠不足 優柔不断退屈 表情 不安 悶々 性格 隠し事 小遣 育児疲れ 家庭を顧みない 複雑 近所付き合い 人間関係 不公平 ごたごた 態度の急変 考え事 疲れたの連発 無関心 下着の匂い 深夜 酔態 外泊 午前様 金銭トラブル家計 借財 趣味が変わる ウソ 上の空 秘密 言い訳 不信感 違和感

配偶者の不貞は家庭を殺伐とさせてしまいます。



DV公務員の職場失楽園・ダブル不倫

依頼者・妻 東 孝子 (36) 専業主婦  調査対象・夫 東 洋一(37地方公務員 仮名

小学低学年の二人の子供有り。※これは事件簿を参考にしたフィクションです。

調査目的 

夫の浮気調査

相談の概要

  夫の手帳から、女と抱き合っているプリクラ写真が出てきた。最近の様子を見ていると女がいると思う。日頃から殴るけるの暴力がひどく、それを理由に離婚したいのだが外面の良い夫の暴力を誰も信用してくれない。夫は、「離婚はしない」と事ある度にいうが職場の地位だけを問題にしている。もう数年来のセックスレスで、ここ一年まえから特にDVが酷くなった。育児など見向きもせず、家族に温かい態度で接することができない。些細な事でも怒りだし、子供の前でも私を殴る。異常なくらい興奮して怒るので心底怖いと思う。夫の不誠実、暴言・暴力にもう限界なので選択肢は離婚しかない。
子供たちにも威圧したり暴言を吐き、子は父におびえて顔色をうかがいながら暮らしている。結婚して八年になるが家族に対する暴力が酷くなる一方で、家族団らんも、会話もない冷酷な夫にたいする憎しみでいっぱい。このような精神状態では私も子どもも壊れてしまいそう。母子心中とか、寝ている夫を殺したなどの報道があるが、今、私がその追い詰められた心境です。

調査結果 
洋一の不倫相手は、同じ役所に勤務する松崎泰子(27・夫あり)。ダブル不倫という結果だった。退勤後公園の駐車場で落ち合い、洋一の車でラブホテルに直行。週二日の割合で密会を重ねていた。洋一は、研修会、見学会などの理由で度々一泊出張したが、妻は夫の役職上何の疑念を抱かなかった。女の存在が明らかになってから、妻は夫の職場の知人に調べてもらうと、泰子が必ず同行しており、もちろん研修会などの行事はなく「不倫出張」だった。

また、洋一は土曜日などに「〇〇の見学会に参加する」といって、三歳半の子どもを連れて出かけることが度々あった。これも実は、子供を口実にして密会していたのだ。妻は話し合いの為、子どもを連れて役所に乗り込み松崎泰子を呼び出したとき、その子は泰子を見て、「あ!このおばちゃん知ってるよ。」と言ったのだった。

妻の苦悩 
夫は東京の一流私大を出て、将来役所のトップクラスの地位は間違いないという人物である。結婚して妻の実家に入った。妻の家は地元でも屈指の資産家である。娘夫婦の結婚を期に、敷地内に離れを建てて両親は暮らしたが、父親は間もなく交通事故死した。

孝子さんは、夫の不倫と、暴力に耐えて実家を維持していくか、離婚かの岐路に立ったが、離婚を選択した。 東家と孝子さんにとって相手方の家柄も、学歴も、現職の肩書と将来の地位も申分のない夫でした。しかし、家庭内で狂人のように暴力をふるうのです。この夫はサイコパスなのかもしれません。

画像はイメージ



不倫の定義

不倫とは、人倫にはずれること。人道にそむくこと。特に、男女の関係について言う。広辞苑

法律として

夫婦は平等の貞操義務を負う(民法770条1号)。守操の義務 夫婦は互いに配偶者に対して貞操を守ることを請求する権利を有するのであって、第三者が、この権利を侵害した場合には、不法行為を構成する。民法 親族法・相続法 一粒社 我妻榮・有泉りょう 共著

このように、不倫とは法律的にも、道徳的にも、縛りがあるのですが、不倫を働く当事者は道徳も、法律もなんのその道ならぬ恋に陶酔境に落ちるのですね。

そこで、ネットに次のような相談がありました。

「不倫関係にある男女が上手く別れるにはどうしたらよいでしょうかね?最近事件になることが多すぎますよね」。

これに対するベスト回答です。

「相手もある訳ですからそうは簡単には不倫関係は解消は出来ないと思いますよ。お互いに堕ちるとこまで堕ちて人としての魂を失ってしまうという事でしょうか。そんなに都合よく不倫関係を清算できる訳はないと思いますよ。地獄まで一緒に堕ちる覚悟がなくて不倫などするなといいたい。もう貴公も終りだと思いますよ。最悪は不倫相手を殺害してしまうか心中しか選択肢はありませんよ。」

ライターの白神じゅりこ氏が不倫について次のように警鐘を鳴らしています。

背徳感と罪悪感がスパイスとなり、激しく燃え上がる不倫。だが、不倫という禁断の果実には「破滅」という甘い罠が含まれている。不倫の挙句、悲劇の結末を迎えた人妻たち。だが、不倫の挙句幸せになったなんてことはほとんどありえない。「因果応報が働き地獄へ一直線」の覚悟がなければ不倫はやめておくべきなのだ。

別れた後にも残る「時限爆弾」・・不倫する前に知っておきたいリスク 2 記載の弁護士ドットコム ウエブ版 澤藤亮介弁護士 談
不倫が裁判にならなかったとしても、代理人として交渉する弁護士の立場から言えば相手方の慰謝料と弁護士費用で200~300万円は用意していただいています。その用意もできないのに不倫などするなといいたい。

探偵よろず日記の筆者も、探偵歴37年の中で多くの不倫・浮気調査の依頼を受けてきました。やはり、「因果応報の原理が働き、地獄へ一直線」の感が強いです。

子どもの不登校。非行。家庭内暴力。引きこもり。親の子殺し。子の親殺し。川崎の不良グループの中1上村遼太さん殺害。兵庫県洲本市の五人殺害事件。名古屋大学女子学生の77歳老婆殺害。佐世保市小六女児同級生殺害。佐世保高一女子殺害。札幌市女子の実母・祖母殺害。警察官、大学教授、国家公務員、地方公務員の愛人殺害事件。ストーカー、下着泥棒、児童買春、隠し撮り、国会議員の不倫など、毎日毎日事件の絶えることがありません。
非行の子供たち、犯罪を起こした高校生、大学生、そして大人たち、これらの人たちは当人が、生れつき特殊な異常性格者ではなくて(遺伝ではなく)、産まれおちてからの環境が強く影響しているものと私は推測しています。産まれてからの環境とは、母親の子の幼児期における「愛情と保護」の欠落だと考えています。母親は子の親である前に「女」として不倫に走る。子供を、女友達にお互いに預けあって、不倫にうつつを抜かす。また、「同窓会」などと偽って子を夫や、実母に預けて愛人とラブホに入る若妻たちをみてきました。幼児期にこのような母親に育てられた子がどのように成長するかは説明の要はありません。

今も昔も、世の中を震撼させる事件の主人公は、色欲に狂って幼児に温もりと精神的安定を与えなかった母親に主な原因があり、まさしく「因果応報が働き地獄へ一直線」なのですね。

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.