水戸興信所 探偵よろず日記

「不倫の恋で苦しむ男たち」「不倫の恋で苦しむ女たち」亀山早苗 著
「不倫のリーガルレッスン」弁護士 日野いつみ 著
「不倫のルール」「別れのルール」家田荘子 著

このようなハウツー本が売れています。男も女も不倫願望が全くない人はいないのかも知れません。たしかに不倫の恋ほど甘美な夢心地はないのでしょう。
しかし、不倫願望のあるあなた、不倫まっただ中のあなた、不倫の愛欲から引き返せないでいるあなたは、「日野OL不倫放火殺人事件」のような悪夢になってはいけません。この事件は不倫の恋の本質が凝縮されており、「あなたの分身がこの記録の中に」いるかもしれない事件なのです。

事件の概要
1993年12月14日、東京都日野市に在住するBは、出社するために妻が運転する自動車で鉄道の最寄り駅に向かった。Bの日常の生活習慣と出社するための通勤経路・時間帯を熟知している、Bの職場の部下でBの元不倫相手だったA(当時27歳)は、B夫妻の不在時間帯にAが保有していたBの自宅の玄関ドアの鍵を使用してBの自宅に侵入し、Bの自宅室内と就寝中だったBの長女(当時6歳)、長男(当時1歳)にガソリンを散布して放火し、幼児2名を殺害しBの自宅を全焼させた。

Bと元交際相手Aとの不倫関係は、Bの妻に関係が発覚した後に終了していた。しかし、元不倫交際相手AのBに対する恋愛感情や、AとB夫妻との間に発生した紛争などから、警察はAはBに対して怨恨感情を持っていたと推測。Aが真犯人の可能性が高い被疑者と推定していた。しかし、警察は公判を維持し有罪判決を獲得するために必要で十分な証拠を集積できず、Aの逮捕に踏み切れない状況だった。が、Aは父親に説得され、警察の捜査が身辺に迫ったことを察知して、翌年の1994年2月6日午後、警察に出頭。事件発生から出頭前日まで、Aはいつも通り出勤していた。

被疑者の逮捕後の報道
被疑者Aと、Aの元上司であるB、二人の出会いと放火殺人に至るまでの経緯が明らかになると、多くのメディアはAを騙したBへの非難と、「Bの妻は、Aが精神的に耐えられなくなって暴発するまで追い込んだ。よってBの妻には根本的な原因と責任があり、Aは被害者である」と評価するようにな、Aに対して同情的な報道を繰り返した。

また、「ガソリンを散布して放火し、子供二人を焼殺し、自宅や周辺家屋も延焼させたこと」に関してメディアはAを非難せず、「成人の男女がお互いの身上を認識して不倫関係になり、結果として家庭の平穏を侵害したこと」など、メディアは責任を十分に問うことなく、Aに共感・同情した報道・評論を繰り返した。

加害者Aの経歴・性格・考え方
Aは東京都23区内で出生・生育した。Aは几帳面、何事に対しても真摯に取り組む、他人を安易に信用する、願望を現実と思い込む、自己と他者の性格・感受性・考え方を客観的に認識・考察する能力が低い、物事に対する執着心が強い、決断に時間がかかる優柔不断性、開放的、社交的などの性格・感受性・考え方の傾向を持っていた。

小学校から大学まで学業優秀であり、大学を卒業して就職するまで特定の男性と恋愛関係になった経験は無く、男性と性関係を持った経験も無かった。Aは就職後に出会ったBに対して恋愛感情を持ち、Bに妻子がいることを知りながら不倫関係になった。

犯行の経緯・動機
Aは大学卒業後、東京都港区に本社のある電機メーカーに就職し、府中市にある事業所のシステム開発部門に配属された。BはAの配属先の直属の上司であり、配属されてから間もなくお互いに恋愛感情を持つようになった。Bは妻子がおり、Aは独身だったが、お互いの家族状況を認識しながら不倫関係になった。1991年4月、Bの妻が流産したのを機にますます親密になり、二人だけで酒を飲み歩くようになる。同年8月6日、AはBを自宅に招き入れ性関係を持った。

不倫関係・性関係が継続する状況で、1992年、Bの妻が妊娠。妻の妊娠を知ったAは、避妊しながら肉体関係を持つ自分に比べて、避妊を選ぶことなく妊娠できる妻に激しく嫉妬して、2回ほど自ら避妊を拒否する。やがて同年4月にAの妊娠発覚。Bは「Aに対していずれ妻とは離婚してAと結婚するつもりだ」と虚偽の意思を伝え、「今はまだ妻の離婚が成立していないので中絶するように」とAに要求。Aはこの要求を受け入れて中絶した。手術後、AはBにもう二度と中絶手術を受けたくないから、今後、必ず避妊するよう要求。Bは「わかった」と言うものの、実際は避妊を拒否することも度々あった。

Bの妻が臨月に入ると、Bの妻は出産のために自分の両親宅に滞在。その間、AとBはBの自宅で同棲生活をしていた。Bは妻が第二子を出産した後も、Aに対して「来年になったら妻と離婚してAと結婚する」言ったが実行することはなかった。

その後、Aは2回目の妊娠。しかしBから再度の中絶を要求される前に自らの意思で中絶を決意。(後年弁護士に送った手紙によると、2回目の中絶理由は、Bと再婚して2人の子供を引き取るためでもあったと告白している)

1993年5月18日、不倫関係がBの妻に発覚。Bの妻はBを激しく非難しBに対して、「Aとの関係を選択して妻に慰謝料を支払って離婚するか、それとも、Aとの関係を解消して妻との夫婦関係の継続するか」と、どちらかの選択を要求した。BはAとの不倫関係を解消し、夫婦関係を修復して継続すると表明した。Bは妻の要求にしたがってAに不倫関係の解消を電話で伝えた。

この電話の際、Bの妻はAに対し、不倫関係に及んだことを責め、自分たち夫婦と家庭の平穏をAに侵害されたことを厳しく非難した。これを受けてAは謝罪したが、電話による厳しい抗議はその後も続き、Aは精神的に不安定な状態になっていた。Bの妻から「私は子を2人生んで育てているが、Aは2回妊娠して2回とも胎内から掻き出す女だ」と嘲笑されたことがきっかけで、Aは中絶したことに対する自責の感情がB家族に対する憎悪の感情に転化し、「B夫婦にも子供を失う感情を体験させてやる」という報復感情に支配されて、B夫婦の自宅に放火し子供2人を焼殺した。

裁判の経過・結果
裁判においてAの弁護人は、この事件は、犯罪的・暴力的・破壊的な性格・感受性・考え方の傾向が全く無かったAが、Aを性欲の対象としてもてあそぶことしか考えないBに、虚言により騙されて心と体を傷つけられたことが原因だと主張し、被告人は犯行当時は心神耗弱だったと主張し、情状酌量による減刑を主張した。

地裁・高裁・最高裁のいずれも、BがAを性欲の発散の対象としか考えず、Aの尊厳を侵害し、Aに対する思いやりが無く、Aを虚言で騙し、Aの心と体をもてあそび、結果としてAの心と体を傷つけたことを認定し、Bを人道・道徳・倫理の観点から非難はしたが、法的な観点からBの責任を問うことはなく、この事件の犯行の根本的な原因・責任は、Aの性格・感受性・考え方の短所・欠点が現象形態として作用したと認識する検察官の主張を認定し、AはBの虚言による騙し。Bにより心と体をもてあそばれ、心と体を傷つけられた被害者で犯行時は心神耗弱状態だったから、減刑が適切であるという弁護人の主張は認定されなかった。

1996年1月19日 東京地裁 Aに無期懲役の判決
1997年10月2日 東京高裁 地裁の判決を維持し被告人・弁護人の控訴を棄却
2001年7月17日 最高裁は地裁の判決を維持し、被告人・弁護人の上告を棄却し、Aの無期懲役刑が確定した。
B夫妻が子供2人を殺害されたことに関して、Aに損害賠償を求めた裁判では、Aの両親がB夫妻に1500万円を支払ったことに加えて、AがB夫妻に3000万円の賠償金を支払うことで和解が成立した。

※ 事件の概要  被疑者の逮捕後の報道  加害者Aの経歴・性格・考え方  犯行の経緯・動機  裁判の経過・結果 の見出しと記事すべてはフリー百科事典「ウィキペディア」のものを転記しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.