水戸興信所 探偵よろず日記

依頼者 妻 砂田晴美(26)会社員  対象者 夫 砂田秀樹(28)会社員 仮名

※これは事件簿を参考にしたフィクションです。

相談概要
離婚調停・裁判に提出するため結婚生活が分かる申立書の作成

夫の性格的な問題
 手短な例を挙げると、夫は車の走行中ウインカーを故意に点灯しないで、急ハンドルを切って、右折・左折をする。対向車や後続車を挑発するためなのか、同乗の私に不満を表す手段なのかわかりません。また、突然猛スピードを出したり、凹凸の道路を猛スピードで走り抜け、その弾みで私の頭が車の天井に当たったこともあります。信号無視や無謀運転を何度も繰り返すなど、キレると自制心が無くなります。

 家でも、外食でも、止めなければ限なく暴飲暴食をします。その姿は何かに取りつかれているようです。
 夫に、生活上の悩みなどを相談しても一切無視され、逆に数時間にわたって自説の主張が始まり、私が同調しなければ激高し、素直に聞いていない。返事が無い」と、正座させて明け方まで説教を続けます。

 自分は「偉いのだ」という自意識が過剰です。私が残業や仕事疲れで帰宅しても全く家事を手伝おうとしないで、不機嫌を露わにして酒をのみながらテレビを見て夕食を待ち続けます。
 夫婦げんかしたとき、電話で泣きながら義母に相談すると、私の考えなど全く無視して、夫の言動を正当化します。また、夫の実家に行くと、息子自慢を何度も繰り返すので、私は辟易して相槌を打たないと、母子で怒りを露わにします。義母は、私に挨拶の仕方から、服装、口紅の色など口うるさく干渉します。

別居した経緯
 結婚して、1年2年と経過して、夫の性格がよりはっきりとわかってきました。自己中心で冷淡、陰険で執念深いです。理屈やで、すぐに激高する、私の失言や家事のこと、義母との会話の些細なことに揚げ足を取って激怒し、同じことを執拗に繰り返して追及します。母に対する依存心が強く、何事でも母親に報告しています。自立できないくせに自尊心が高く、露骨に私と実家を見下した態度をとります。

 夫の横暴がひどすぎるので、夫の叔父さんに相談したことが義母に伝わり、「余計なこと言うな!」と怒鳴られ、私の意見を述べると「何時からそのような口をきくようになったの!」と、ヒステリックに怒鳴り一方的に電話を切りました。

 ある日の夫婦喧嘩中に、夫に殴られ、泣きながら私の親に電話中、電話線を引き抜いて電話機を隠して、私に襲い掛かって首を絞めました。
 手足にアザができるほど部屋中を引きずり回され、首や頭、体を押さえつける暴行は日常茶飯事です。
 殴られて、泣き叫ぶ私を台所へ引きずって行きガスの元栓を開いて、私が恐怖で静かになるまでガスを放出したこともあります。
 また、凍てつく冬の夜中、部屋から引きづり出され、「今後俺に絶対服従すると、謝るか」、「服従できないなら実家に帰れ!」と、3時間にわたって正座させられて責めを受けました。

服従するか離婚か、迫られる
 私も性格的に強い面があり、夫婦諍いの原因の一つがあると考えて、ある夜の話し合いで、夫に謝罪し、「これからも結婚生活を継続していきたい」と言うと、「では、今晩のうちに俺の両親のところへ行って、『これから一生貴方方のお世話をさせてください』とたのむこと」。「両親と和解できたら、ただちに両親と同居すること。しかし、そうなっても俺はお前に愛情はまったくないから、家のため奴隷のように働いて親戚一同に認められなければならない」と、条件を突き付けました。とうてい受け入れることはできず、態度を保留して私の実家に帰り別居生活が始まりました。

別居中のできごと
 私が、夫と義父母に恭順して離婚を避けるか迷い、「とにかくこのような(別居)になったことをお互いの親に謝ろう」というと、「冗談じゃねえ!お前と両親が俺と親のところに頭を下げに来るべきだ。俺は、自分の親が一番大事で、お前に愛情のかけらもない。」「お前は、俺が一生を台無しにする価値もない。傍にいるだけで身の毛もよだつ。」「長男なのに、親戚や近所に取り返しのつかないことをした。早く離婚しろ、と親も促しているのだ」と、選択は離婚しかない態度です。
 夫は、私を再三呼び出して、離婚届の用紙に署名をもとめます。

 私は、性格障害の夫を心底怖いと思います。しかし、理不尽な夫側の離婚要求に同意できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015. 離婚、浮気調査の水戸興信所 All Rights Reserved.